スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - 

To Petra(FIN)

4枚書きました!
6月30日に届いたお手紙のお返事を、フィンランドのPetraへ出しました。彼女はいつも手作りの封筒で送ってくれるので、これまでに作って溜め込んでいた自作封筒を引っ張り出してみましたが、彼女が送ってくれるものほどキレイに出来ているものがなく。しかもサイズも縦長。それはわたしがB5サイズなどで無理やり作っているからですがw結局いろいろ考えた末に山本太郎封筒にしました。漢字がインパクト大でいい感じだな〜って思ったのと、このフライヤーのコントラストが好きです。個人的に。手紙は、4枚ほど書きました。恋のことや、仕事のこと、あと、Petraが紹介してくれたフィンランドのバンドをYOUTUBEでチェックしたので、その感想などなど。フィンランドのバンドは全く知りませんでしたが、結構好きな感じのバンドに出会えて感謝です。わたしも好きなバンドをいろいろ書き綴りましたが、メジャーなバンドはあまり聞かないので、YOUTUBEで見つからないのもあるだろうなあ…。
宛名や切手を貼るとこんな感じ
漢字がインパクト大だったはずなのに、切手を貼るスペースがなくて、結局漢字は見えなくなってしまいました…残念…。
切手は左向け左で統一しました
Petraは日本の切手が大好きらしく、「日本の切手は全部すきなの」と手紙にも書いてありました。ので、15円切手の出番だと思い、今回も使いました!たくさん貼りたかったのですが、如何せんスペースがなかったので、80円+15円×2枚の組み合わせです。一応全員左向け左で統一してみましたw気に入ってくれるといいな〜!
送った | comments(6) 

To 恬(台湾)

クルテクです!
完全に台湾のペンパルを優先させてしまっていますわたし…。7月4日に届いた恬からのお返事を本日発送!先月届いたままお返事書いていないペンパルもいるというのに…。結局いいお礼が全く思いつかず、フライヤーなどを沢山入れてみました。あと、リラックマのお〜いお茶ストラップも。こういうこまごましたオマケを集めるのが好きで、いろいろ持っているんですが、封筒に入れるとすごく「入ってます」って感じになっちゃうので、届くか心配になってしまって、結局持っている中で一番小さかったリラックマにしました。気に入ってくれるといいなあ。手紙はクルテクのメモパッドに4枚書きました。恬から届いた手紙があまりに嬉しかったので、ものすごく勢いで暴走して書き上げてしまいました。もしかしたら今読み返すと酷い内容だったらどうしよう。と投函したあとから心配になってきたなあ…。
インド切手です
2007年日印交流年の切手です。こうやって2枚貼るとすごいインパクトですね…。一見日本の切手には見えないしw
送った | comments(2) 

To 盈伶(台湾)

コイヌマユキさんのプーさんです!
台湾の盈伶に6月30日に届いたお手紙の返事を書きました!(Tracyは彼女の英語名で、今回手書きで初めて彼女の名前の漢字が分かりました!やっぱり手紙最高ですね!)我ながら早すぎる返信です。いろいろ内容に嬉しいことが書いてあったのもあり、すぐにお返事を書いてしまいました。中国語のこと(復習を始めました)や、台湾のアイドルのこと(ごめんなさい一方的で…)などが便箋2枚裏表の内容の殆どを占めてしまいました。あと舞妓haaaan!!!をこないだ見てきたのでフライヤーも同封してみました。この映画のフライヤーは相当インパクトがあって、一度見たら頭から離れないようなものですw内容も然り。ここまでぶっ飛んでると本当楽しいです。そんな映画でした。でもそういう内容の映画って、説明するのが難しすぎるんですよね。ただの舞妓の話じゃなくて、どちらかというと舞妓狂いの阿部サダヲのお話だし…いやいや阿部サダヲも大好きなんですけど!便箋は以前もご紹介したスニーフを描かれているコイヌマユキさんのWinny the Poohの便箋です。プーさん50周年を記念して作られたレターセットのようです。一目で気に入ってしまって購入しました。かわいいんですよー!!プーさんよりイーヨーやティガーがかわいいw
95円分貼りました!
台湾へは90円で届きますが、95円分貼りました。15円切手が使いたかったのです…それだけです…。15円ばっかり貼りたかったのですが、如何せんスペースが足りませんでした。ちなみに、この15円切手は「婦人参政25周年記念切手」だそうです。画像からもわかりますが、1971年の切手です。このレトロ感がおしゃまでたまりません。80円切手は、ふるさと切手「中国5県の鳥」です。
続きを読む >>
送った | comments(0) 

To Nathalie(SPN)

やっと15円切手の出番です
5月22日に届いたスペインのNathalieへのお返事、2ndレターです。お返事を出すのに1ヶ月近くかかってしまいました…。タイプレターだったので、他に届いた分を優先させていたらこんなことに…。1stレターだからタイプなのか、これからもずっとタイプなのか。気になるところですが、内容はとてもわたしと合うような気がするので、もっと彼女のことを知りたいと思ってます。彼女はスペインに住んでいますが、フランス人なのです。フランス語で少しだけ自己紹介を書いてみました(テキストから丸写しぴのこ:))。本気で復習していきたいと思います…。
あと、先日ゲットした15円切手たちを早速使ってみました!組み合わせって本当難しいですね…。何だか微妙な感じです。色合いだけは合ってるような気はしますが…。10円や20円の切手も欲しいなあ〜キラほし

ネコのクラフトパンチ!
今回は同封物は特にありませんが、便箋と封筒をネコのクラフトパンチで抜いてみました。彼女は動物が好きで、ネコを二匹飼ってると書いてあったので、ネコにしてみました。かわいい〜!自画自賛!
送った | comments(5) 

To Tracy(台湾)

いろいろグッズと共に
台湾のE-PALと今度からSNAIL MAILでやりとりすることになったので、さっそく手紙を書き上げました。内容はほぼメールでやりとりしていたことを引き継ぎました。でも今もメールでもやりとりをしているんですよね…。こういう場合は内容がかぶってしまうし難しいー。メールもほぼ毎日のようにやりとりしているので、このままだと手紙を書くときの内容が薄くなってしまいそうな不安がすでによぎっています。少しずつフェードアウトしてメールを送る間隔をあけていこうかな。彼女は偶然にも宮崎あおいの大ファンということなので、アフラックのアヒルと一緒のフライヤーを同封してみました。喜んでくれるといいなー。
手紙と一緒に写っているのは、最近よく使っているテープのりと、クラフトパンチです。テープのりは100円ショップのものなのですが、会社でよく使っているMONOのものに負けず劣らずで素晴らしいと思います。このテープのりを開発した人に拍手を送りたい。一度使ってしまうと、スティックのりとかもう使えないです。クラフトパンチも100円ショップのものですが、これって本当かわいいです。無地の便箋や封筒をクラフトパンチで抜いたりしただけですぐかわいくなってしまうスグレモノです。5個ほど持ってます。写真はリボンです。
送った | comments(0) 

To Bernadetta(POL)

100円で買った地球儀と共に
■Bernadetta(POLAND)
■自己紹介、住んでいる街のこと、趣味、音楽、映画
■宮崎あおいのフライヤー
Postcrossingでペンパルを申し込んでくれた、16歳のBernadettaに1stレターを送りました。最初の手紙って、本当に何を書いたらいいのか迷います。結局ありきたりな自己紹介文しか書けずにいつも終わってしまって、すごく残念に思います。もっとボキャブラリーが豊富ならば、興味を惹く文章を書けるのかもしれませんが。彼女は16歳なので、本当にこれからちゃんとやっていけるのか不安な気持ちで一杯です。年の離れた子と上手くやっていけるかどうか。まだ始まったばっかりですがいろいろ考えてしまいます。
手紙と一緒に写っているのは、こないだ大好きな100円ショップwで勢いで購入した地球儀です。世界地図と迷ったのですが、地球儀ならいつでもぐるぐる廻せるし、国の位置を確認するのにも便利かなと思って。やっぱり100円なので結構見づらい部分もあるのですが、全然満足です。ちなみにレターセットも100円ショップですw
送った | comments(4) 

To Petra(FIN)

またまたあおいちゃん
■Petra(Finland)
■自己紹介、住んでいる街のこと、趣味、音楽、映画、恋人のことなど。
■「初恋の雪」のフライヤー
Postcrossingを通じてペンパルを申し込まれたFinlandのPetraからのファーストレターのお返事です。疲れていて半分眠りながら書いたので、何か半分くらい返事になってないような手紙になってしまったような気がします。送ってしまった後やっぱり後悔の波が押し寄せてきてるので、別口でポストカードを送ろうと思ってます。
Petraの英語はすごく癖があって、しかも字も癖があって、内容を理解するのにだいぶ時間がかかりました。だけど、すごくいい友達になれる気がするので頑張ってお返事を書いたつもりだったのですが…なんか微妙に空回り気味で自分でもちょっと痛いです。
映画のことを書いたので、またまた「初恋の雪」のフライヤーを同封しました。もともと映画のフライヤーを集めるのは趣味のひとつみたいなものだったのですが、こういう場合にも使えるなあと。映画のことを手紙の中で英文で紹介するのもいいと思いますが、やっぱりビジュアルとして見てもらうほうが話は早いような気がします。
送った | comments(0)