スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - 
<< From Finland | From Great Britain >>

From Rat(ISL)

初FB!
アイスランドのRatから4月25日に送った手紙のお返事が届きました。何だか日本のレターセットのようです。ドキドキしながら開封したのですが、便箋2枚に軽い感じで自己紹介が書かれているだけで、わたしが書いたことに対するお返事というわけではないような…。あとFBが2つ同封されていました。FBをこうして生で見るのは初めてです。便箋にも貼ってありますが、キティちゃんはやはり海外で人気なのですね。以前E-palでノルウェーの女の子がいたのですが、彼女もサンリオの大ファンだったのを思い出しました。オークションで落として欲しいものがあるというメールが来るようになってから、だんだん疎遠になってしまいましたが…。
以前の記事で、手紙が長くてびっくりしたというものを書きましたが、短いより長いほうがやっぱり嬉しいものだということを実感しました。便箋2枚といっても、日本人の友達とのやりとりのようにギチギチに詰めて書いてあるわけではないので、メールにしたら20行もあるかないかのなんだろうな…。それにしても日本人は詰めすぎですよね。わたしも細いペンで詰めて書くのが好きですが、ちょっと考え直そうかな…。
届いた | comments(2) 

スポンサーサイト

- | - 

COMMENTS

Posted by Dufti  at 2007/05/16 1:33 PM
短い手紙、特に自分の書いた手紙の内容に触れていないものって、とことん落ち込みます。なんだったんだろうって。

私にも、きっと同じ人だと思うアイスランドのRatという女性からメールが来たことが何度か数年の間にあります。実は先週にも一度きていました。自己紹介には、27歳か28歳ぐらいで、彼と住んでいて、子供が2・3人いるとか。なぜ覚えているのかというと、彼女からメールが来たのは2度や3度ではないからです。
ということは、私以外の日本の方にも送られているんじゃないかな、と思います。

沢山パルがいる人と一度文通をしていたことがありますが、半年ほど続けてみても、手紙はますます短くなるばかりで改善されず、最後には短いスケージュールのような手紙になりました。だから、もう続けられないなと思い、その人とは文通をストップ。彼女には80人以上のパルがいたそう。一枚の紙切れに表だけ、しかも私の質問などには答えてくれませんでした。私の文通の目的と彼女のとは、全く違ったんですよね。

最初が肝心っていうじゃないですか。本当だと思います。私は、必ずまずメールで何度かやりとりをして、自分は文通を通してどうしたいのかなどをはっきり伝えています。それに対してちゃんと答えてくれる人と結局続くんですよね。
私のパルは、長い手紙に字がびっしりの人がほとんどなので、マリコさんも詰めて書いても問題ないですよ〜。

何度かやりとりをしてみて、自分に合うか合わないかを決めても失礼ではないと思います。合わないのに無理して続けるのって、もっと失礼だと思うから。

あ〜、なんだか悪口みたいになっちゃいました・・・でも、少しでもアドバイスになればと思って書きました。
Posted by マリコ  at 2007/05/16 10:36 PM
おお…間違いなく同じ人です。ずっとE-PAL専門?でやってきたので、合うか合わないかは最初のメールで決まることもあるし、何度かやり取りしてみてだめだと思うこともあるしいろいろでした。でも手紙のやりとりに切り替えてPALを探してみると、ファーストメールの返事が「メールありがとう、あなたからファーストレターを送ってくれますか?わたしの住所は○○です」みたいな返事しかこなくて、やはり手紙でやりとりするのであれば、メールで今までやってきた最初のステップごと手紙でやりとりするものなのかなと思っていました。ただ、メールと違って手紙でやりとりを始めてしまうと、切りにくいですね…。メールでのやりとりでは切ったり切られたりしてたので、既に切りたい気持ちが沸いてきてるのですが…。
しかしDuftiさんの元ペンパル、80人もペンパルがいるなんてすごいですね。わたしだったら間違いなく誰が誰なのかわからなくなると思います。
手紙だろうとメールだろうと同じだと思いますが、文字のキャッチボールですよね。一方的では意味がないと思うんですが…。うーん。しょっぱなからこんな気持ちになるとは思いませんでした…。

COMMENT FORM